歯周病

歯周病とは

成人の約80%がかかっている歯周病

歯周病とは、歯周ポケットなどに付着した歯垢(プラーク)が溜まり、歯垢内の細菌に感染することで起こる感染症です。歯周病は、比較的症状が改善しやすい「歯肉炎」から、症状改善が難しい「周囲炎」への進行する病気で、現在、日本の成人の80%以上が、何らかの形で歯周病にかかっているとされています。また、歯を失う一番の原因であるとされています。

初期段階にはほとんど自覚症状が現れません

歯周病の特徴の1つに、「初期段階にはほとんど自覚症状が現れない」というものがあります。そのため、痛み・しみなどの症状に気づいて当院にお越しになった時には、すでに症状が進行してしまっていたというケースも少なくありません。歯周病は症状が進行すると歯槽骨(歯を支える骨)が溶け、歯がぐらぐらと動くようになり、最悪の場合、そのまま抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病を早期に発見し、治療することは、大切な天然歯を守ることに繋がります。「いくつになっても、自分の歯で美味しく食事したい」とお考えであれば、当院で定期検診を受けられて、歯周病の早期発見・早期治療に努めるようにしてください。

歯周病かもしれないと気になる方は、京都市北区の内田歯科医院までご相談ください。

歯周病Check!

  • ブラッシング時に歯茎から出血する
  • 口臭がある
  • 起床時に、口の中がネバネバする
  • 歯茎が腫れている
  • 歯がぐらぐらと動く
  • 歯が浮いている感じがする
  • 歯が長くなったような気がする(歯茎が下がった気がする)
  • 指で触ると、歯が動く
  • 冷たいものや熱いものがしみる

歯周病の予防

  • 適切なブラッシングなどによる、プラークコントロール
  • 「よく噛んで食べる」などの食事の摂り方の改善
  • 禁煙、適度な運動によるストレス解消など、生活習慣の改善
  • 3ヶ月に1回程度、歯科医院で定期検診を受ける

当院の歯周病治療メニュー

  • 歯周病検査
  • 歯肉マッサージ
  • 歯周ポケットの検査
  • スケーリング、ルートプレーニングなどの歯周基本治療
  • 歯茎に優しい薬液スケーリング
  • 歯周外科治療

もし歯周病で歯を失ってしまったら…

歯周病で歯を失った時、そのままにしていると噛む機能が低下するだけでなく、噛み合わせ、発音、容貌などに影響をおよぼす可能性があります。「1本くらい歯が抜けても、大丈夫」「奥歯だから目立たない」とお考えにならずに、適切な治療を受けられるようにしてください。
京都の内田歯科医院では、失った歯の機能性や審美性を改善するために、入れ歯、ブリッジ、インプラントなど、幅広い治療を提供しています。患者様の症状やご希望に合わせて、適切な方法をご提案させて頂きます。

    e-park 当院が紹介されました!

  • メールでのお問い合わせ
  • 医院ブログ BLOG
  • 審美歯科専門サイト
  • e-park
  • 当院が紹介されました!
  • bottom_01_spimg.png
  • メールでのお問い合わせ
  • 医院ブログ BLOG
  • 審美歯科専門サイト
お問い合わせ 診療時間 9:30~19:30 土曜午後・日祝 休診